上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幼女対策第二弾は、各構え移行技からのセットプレー検証でござる。

まず移行技によって、それぞれの移行できる構えの数が違います。
しかし大きく分けると三つのパターンに区別されます。

①AS、AL、AST全て移行可能な技

前後左右に全て移行可能なので、一筋縄ではいかない。
しかし毎回ぼったちでいるよりは何か行動する方がいい。
その選択肢にダメージ差をつけられる技を用意する。

発生に優れたAA6BA、ジャンステ付きの切り込み技である11Bからが頻出。

コマンド発生GHC
AA6BA13-16-5スタン
ジャンプA22-21-9-9
11B26-18S-1-1
44B26-6Sダウンダウン



☆AA6BA(頻出)
最後のAは上段なので、しゃがんで投げかTCが早い技で割り込み。
しゃがんですぐFCAが全対応でかつ現実的。
4Kは三発止め確反と割り込みの両方を兼ねてくれますが、オンだとタイミングがちょっとシビア。
でもガードしてしまったらかなり対処が困難。
とりあえずリグルBがソルト連携を避けてリープ連携に勝てる。ターンにはKのみ負ける
反時計ステップガードはターンKも避けて便利


☆ジャンプA
あまり見る機会はないが、ガードしたらBBでソルト以外の構えをつぶす。
また66[A]はソルト以外に70ダメージ越え。



☆11B(頻出)
中距離からジャンステをまといつつ切り込んでくる。
ガードでしゃがませもあって便利なので、結構タリムは多用する。
でもヴォルドの場合は問答無用でFC3Bが全対応。条件反射のように出せるようにする。


☆44B
発生がアレなのでたちあいではそこまで使われないが、出てからはかなり性能がいい。
構え派生には4Aあたりで全対応。構えに行かずにしゃがむ選択をしてきたら読みあい。


②AS、ALのみ移行可能な技

前後移動だけなので、基本的にはリーチが長い技でAL狩り、横移動でAS狩りが可能。
またリーチの長い技はほとんどが前にせり出すので、それだけでAS技(特にBやA+K)をすかしてくれることも多い。
リスクなくいくなら姿勢の低いリーチ技、ASにもきちんとリターンを確保したいなら横移動も交える。

しゃがみから発生+コンボのFC3BB、ダウンにもヒットし単価のでかい2A+Bからが頻出。

コマンド発生GHC
FC3BB16-22ダウンダウン
2A+B18-18?スタンダウン
66A17-18?ダウンダウン
22B29-21ダウンダウン



☆FC3BB(頻出)
236A+B、66[A]がリープ系を全てつぶし、ソルト系とはスカりあうのでリスクなし
ソルト系にリスクをつけるなら横移動で様子見。
ソルト系だった場合は後ろに振り向くので、3BBや2A+Bなど置くとでかいスカ確になりやすいのでオススメ。
リープは見てから下がりガード。


☆2A+B(頻出?)
発生まずまず、ねっぱにヒットするので起き攻め、立ち合い両方で結構見る。
ガードした瞬間、問答無用のBBでソルト系には大体勝つ。リープ系もド先端でなければひっかけてくれる。


☆66A
タリム的には結構状態が良いので注意。
レバー入れっぱ反時計でソルト系は全回避。リープは見てから反応。
ソルト系をつぶすならK。ただしソルトA+Kは食らう。
リープ系をつぶすならリグルB。ソルト系は避けてくれる。
しかし展開が早いので、対処は難しいと思われる。


☆22B
当たってからの期待値がでかいので結構振る?
ガード後はリグルBがソルト全回避、リープ全対応。
KならソルトA+Bと相打ち勝ち以外は綺麗に勝てる。リープには見てから下がりガード。



③ASTのみ移行可能な技

左右移動のみ→いちはやく横斬りをさしこめばつぶしやすい。
しかしAST技には上段を避ける技も多いので、できれば2Aのようなしゃがまれない横をおいておきたい。
問題は反応力。AST派生は発生が早い。特に上段横のAが早い。

そういう点でも上段避けのある2Aは心強い。

下段強襲の1A、ターンでのつなぎ技であるASTAAからが頻出。

コマンド発生GHC
1A31-162スタン
3BA17-12

3

3
3B[A]17-1スタンスタン
BT B21-20スタンスタン
AST AA31-18-8-8
AS A(ヒット) -20~スタンスタン




☆1A
ガードしてても構わずターンに移るので、確反はFCAなどの横系で。


☆3BA
二発目をしゃがんだら投げ。これでターン連携、背向け連携を全拒否できる。
ガードしてしまったら2Aで超安定。
実はわからん殺しレベル。


☆3B[A]
3BAに同じく。
BTB+KやBTKに飛ばれても、気にせず2A連打しておけばいつか確定。
わからん殺しレベル。


☆BT B
ガードで-20もあるが、縦系の反撃だとターンにやられる。
だから投げ確超安定。


☆ASTAA(頻出)
ガードしたらボーっとしないでBB連打。これで全てつぶせる。
Bが貧弱なキャラは2Aなどでも可能。


■まとめ

やはり第一回で言ったことと同じように、各構えの大まかな対策はこう。

ソルト系→横移動、姿勢低い+突進系で避ける
リープ系→下がり待ち、リーチ長い系でつぶす
ターン系→横に強い技で割り込み


これを軸にして移行技を上記三つのパターンにわけ、それぞれに広く対応できる選択肢をキャラごとに練っておいてください。

次号でおしまいにしたい。
背向け関連、確反関連の予定。
Secret

TrackBackURL
→http://socialumi.blog33.fc2.com/tb.php/25-f53e672c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。