上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミツルギ対策メモ。殴り書き。
随時更新。  (8/22更新) 

■近距離

・イナホ(G-21~)
時計ステップで避けやすい
ディレイ入力だと初段転ばず二発目ヒットで-13S。>FCAを忘れずに。
ディレイなしで二発目のみヒットの場合は-16S。>肘はむずいならFCA

・3A
15Fでガードで確定なし。
カウンターで66A+Bなど入り50点ほどもってかれる良技。
どちらかというと時計に弱い

・FC1BB
初段ノーマルでくらっても、二発目は46789方向レバー+Gボタンおしっぱでガード可能。
初段ガードしたらG-15。割り込みは多分28Fくらいできる。
両対応するならAAとか6BB。

・6B
ガードすると-17以上。
投げに派生すると13Fで相打ち(こちらはダメージなし)
しゃがすてのある2Aや3Aなら両対応できる。
でかくいくならA+B

・A+B6
ぶっさし中段で、近距離だと打撃投げになり33B確定で70点越え。
反時計に薄いが、硬直も半端ないので避ける必要はない。
G-21はあるけど、硬直切れが早いので注意。


■中距離

・66B(B)
中距離の核弾頭中段。全部食らうと50点。
初段止めだとG-16、出し切りはG-21S~
出し切りに確実にヒジを。
出し切りには初段ガード後、時計ステップで避け可能。
初段止めと出し切りを使い分ける人は結構やっかい。
しかしAやK、入れ込み時計ランなどで出し切りに割り込もうとすると、蹴り部分こそヒットするが最後の振り下ろしがすかる。
そうするとミツルギ側が21F以上のスキが生じる。
ヒジなり3BBなりぶちこむ。
つまりA、Kは初段止めには確定、出し切りには大幅収支勝ちができるというワイルドカード的存在。

また、ねっぱで66Bを食らった場合は前後受け身だと出しきりを受け身確定で食らうので注意。
受け身するなら横系で。

・1A
しゃがステが異様に早い全回転系下段。
ねっぱにもあたり追撃可能。
オンでは正直見えないので置き技で迎撃するか読みでしゃがむかする。
G-15なのでFCAで確定。

★1Aヒット後の追撃いろいろ

○66B
反時計受け身以外食らってしまう。
ただし反時計受け身で避ければ、20F以上の有利をとれるので3BBなどをくらわす。

○66BB
反時計受け身以外食らう。
66Bだと思って反時計ステップから手を出すと、つぶされてしまうので注意。
おとなしくガード。

○bA
時計受け身とねっぱ以外食らう。
時計受け身した場合は16F有利になる。

なお、ヴォルドの場合レバーの方向と受け身の方向が真逆なので注意

・bA
やたらリーチの長い中段横。
ねっこガードだとG-19あるけどそんな距離で出す人はまずいない。
よほど先端でなければガードして6Aが確定。
ワンパで読めたら、ヒジの用意もしておく。

・4KB
中段蹴り>中段斬り。
壁コンなどで初段止めされることもある。
出し切りだとG-15Sなので、FCAをきちんと。

・kB
ジャスト入力で連続になる中段縦二段。50ほど。
ガードで-18S。落ち着いてヒジ。


■構え関連
・参考サイト
http://metallxz.blog72.fc2.com/blog-entry-18.html   (8/22追記) 

■霞



■居合
Secret

TrackBackURL
→http://socialumi.blog33.fc2.com/tb.php/33-acbb12ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。