上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とりあえず正面向き主力の三種の神器の紹介が終わりました。
次は主力ほどリターンはないけど、あると便利な準主力をご紹介。

一つめはWC3Bです。
◆WC3B

☆データ

ダメージ:28点
発生:18F
G硬直:-16
H、CH:リングアウト性のダウン
TC:1F~
SC:開幕10回

☆強み

数値的にはガード硬直にやや不安はありますが、かなり大きいガードバックのおかげで確定をもらいづらくなっています。基本的には近づいてくる相手を追っ払うための技と考えています。
ガードバックが大きいため、相手ターンか自分ターンかあやふやになるところも良い点。
まれに攻撃しようと近づいてきた相手に対して、図々しく強制立ちからのBT1Aなんかで迎撃すると効果的です。
ただしソフィーとラファエル相手だと、リターン以上の大きなお釣りが簡単に返ってくるので、使用は控えた方が吉です。
他も探すと色々出てきそうですが、今のところ調べた中でキツイのはこの2キャラです。
キャラを見て頻度を変える手間はありますが、リーチはA+B以上2A+B未満となかなか、入力直後から上段スカシ、技を出した地点からほとんど前に出ないなどと、こちらもディフェンス面でなかなかステキ性能なので、全く使わないのは勿体ないです。

☆落とせる牽制

当たればリングアウトを見込めるダウンを奪えます。なのでリング際に追い込んだ時は、特に積極的に狙っていきたい技の一つです。
一般にリングアウトを狙う時って落とす技が前にせり出す技だった場合、避けられた時に大きく回り込まれて位置関係が逆転しやすく、逆にピンチに陥ることが結構ありますよね。
しかしこの技は前項のとおりほとんど前にせり出すことがないので、よっぽど至近距離でもない限りは、まわりこまれたとしても完全に位置が入れ替わるような事態はほぼ起こりません
他の技に比べて、よりローリスクにリングアウト(10割コンボ)を狙えるということです。

☆壊せる牽制

SC力もかなりのもので、開幕からなら10回ガードで死亡確定。実はこの魂削りが、この技の最も特筆すべき部分だと思っています。
とりあえずガードさせたらひとまず勝ち、当たってたらラッキー+背向けで攻め…くらいの気持ちで気軽に出していくといいでしょう。
2A+Bガード~リグキャン~WC3Bの連携であれば、5セットで昇天するのでかなり強力です。
相手の間合いの外から魂をガシガシ削ってやりましょう。

☆立ちからいきなりWC3B

しゃがみ中の技なので、しゃがみ状態からなら普通にレバー3方向+Bで出ます。しかし立ち状態から出そうとすると、ちょっとしたコツが必要になってきます。

立ちからの出し方は

①ガードボタンを押し続ける
②ガードボタンを押した後、スライドするようにレバーを3方向へ倒す
③レバーを倒したと同時にガードボタンから指を離し、入れ違いにBを押す


でおkです。なんでも立ちからしゃがみ技をすぐ出すには、4~5Fくらいしゃがみを作る必要があるらしいです
初めは①と②はゆっくり、慣れてきたら少しずつGとレバーの間隔を縮めていくといい感じにステップアップできると思います。
ちなみにこのテクニックは、しゃがみ中の技だけでなく立ち途中技を出すときにも使われるので、その辺りにに強い技を搭載しているキャラを使う人は、是が非でも身につけておきたいテクですね。

WC3B自体は基本的に横移動に弱めですが、この出し方だと一度しゃがみを作って相手に正対しなおしているせいか、若干ランを追いかけてくれているかも?いずれにせよせり出しが少ないのもあるし、今のところオンで避けられて痛い目見たということはありません^^
ただ立ちからだとどうしても発生が遅くなり、つぶされないとも限らないので、セツカやヴォルドのような突進力のあるキャラ、ヒルダのようなヴォルド以上のリーチを持つキャラなんかが相手の時は、取り扱い注意。

☆まとめ

主力に比べると見た目もダメージも地味ですが、リーチ、リングアウト性能、壊し性能、食らい判定が前に出ないなど旨みは多いです。TPOを守れば相当な戦力になることは間違いありません。
Secret

TrackBackURL
→http://socialumi.blog33.fc2.com/tb.php/5-f4202fae
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。